雨の日の古民家でのオナニー

どこか懐かしさが漂う古民家に暮らす人妻が、誰もいなくなった雨の日の昼下がりに静かにオナニーを始める 普段の生活の中で唯一の刺激がやがて日課に 声を押し殺し一心不乱に乳房やあそこを弄る オナニーも徐々にエスカレートし玄関先で全裸オナニー 誰かに見られてるかもしれないという緊張感がさらに身体を敏感にする